1. トップ
  2. 「報道と読者」委員会
  3. 2022年開催分

「報道と読者」委員会

最新の会議日誌

第83回会議(ウクライナ侵攻、沖縄復帰50年)

共同通信社は6月18日、外部識者による第三者機関「報道と読者」委員会の第83回会議を東京・東新橋の本社で開き、3人の委員が「ウクライナ侵攻」と「沖縄復帰50年」の報道について議論した。  ジャーナリストの鎌田靖(かまだ・やすし)氏は「現場から発信するのが報道機関の最大の役割だ」とし「戦争とメディア」は報道のテーマにする必要があるとの見方を示した。

続きを読む

「報道と読者」委員会の第83回会議。(奥左から)鎌田靖委員、廣田智子委員、曽我部真裕委員=6月18日、東京・東新橋の共同通信社

第82回会議(皇位継承、大阪ビル放火事件)

 共同通信社は3月5日、外部識者による第三者機関「報道と読者」委員会の第82回会議を東京・東新橋の本社で開き、3人の委員が「皇位継承」と「大阪ビル放火事件」の報道について議論した。 ジャーナリストの鎌田靖(かまだ・やすし)氏は秋篠宮ご夫妻の長女小室眞子(こむろ・まこ)さんの夫小室圭(こむろ・けい)さん側の金銭トラブルに絡み、週刊誌報道に対する新聞社の対応は難しいと問題提起。同時に「インターネット上の中傷が非常に大きな問題になっている」と強調し、報道機関として警鐘を鳴らすよう促した。

続きを読む

「報道と読者」委員会第82回会議。(奥左から右へ)鎌田靖委員、廣田智子委員、曽我部真裕委員=5日、東京・東新橋の共同通信社

ページ先頭へ戻る