日本のメダル数

男子リレー 銅メダル

日本が男子400mリレーで銅 トラック種目で日本男子初

銅メダルの日本チーム

北京五輪の陸上男子400メートルリレーで3位に入り、男子トラック種目で史上初の銅メダルを獲得した日本チームの(左から)朝原宣治、塚原直貴、末続慎吾、高平慎士の各選手=22日、北京の国家体育場

【北京22日共同】北京五輪第15日の22日、陸上男子400メートルリレーで日本が38秒15で銅メダルを獲得した。陸上のトラック種目で日本勢がメダルを獲得するのは、1928年アムステルダム大会の女子800メートルで人見絹枝が銀メダルに輝いて以来、80年ぶり2度目で、男子では初めて。

昨年の世界選手権を制した米国や、前回アテネ五輪金メダルの英国が前日の予選でミスにより敗退。メダル獲得の期待が高まる中、塚原直貴(23)=富士通=、末続慎吾(28)=ミズノ=、高平慎士(24)=富士通=、朝原宣治(36)=大阪ガス=のオーダーで臨んだ日本は見事なバトンパスで、37秒10の世界新記録をマークしたジャマイカ、トリニダード・トバゴに次いで3着でゴールした。

大喜びの高平と朝原

男子400メートルリレーで3位が確定し、大喜びの高平(左)と朝原=国家体育場

五輪、世界選手権を通じ、日本は同種目では前回アテネ五輪の4位が最高だった。

歴史の立役者の1人になれた 陸上リレー4人の話

塚原直貴の話 最高。歴史の立役者の1人になれて良かった。僕が動けば何とかなると思って、末続さんのとこまでぶっ飛んだ。足の状態が思わしくなかったけど、必死で食らい付いた。表彰台を勝ち取れたんで、感謝している。

末続慎吾の話 みんなの力を合わせて、と思って挑んだ。日本短距離の先輩方が培った歴史をやっと結果にできた。日本短距離の勝利。(走っているときは)夢の中だった。

男子四百メートルリレー日本チームのプロフィル

高平慎士の話 言葉にならないくらい、うれしい気持ち。朝原さんと同じ舞台で走るのも、最後かもしれないと思って、気持ちよく走ってもらいたかった。それができてよかった。メダルを目指してきた。夢がかなうことが証明できた。

朝原宣治の話 9万人の中で走りたいという気持ちだった。夢のようだった。自分の体がどこまで持つのか不安もあったけど、絶対いけるという気持ちもあった。これまで一緒に走ってきた、すべてのメンバーに感謝したい。その積み重ねの結果のメダル。

PHOTO NEWS

「流しているのが見えた」 言葉で振り返る北京五輪
ワンジルが37キロ手前でスパート マラソン経過
ワンジル、五輪新で快勝 マラソン
3位と4位は雲泥の差 朝原の一問一答
みな誇らしげに表彰台へ リレー初メダルの朝原ら
ベケレが長距離2冠 陸上
マラソン大崎が故障で欠場 日本の出場は男子も2人
朝原「すごいことやった」 メダルのリレー4人が会見
日本が男子400mリレーで銅 トラック種目で日本男子初
日本、歴史的な銅メダル 男子400mR 陸上
男子マラソン代表が会見 「世界は甘くない」と3人
競歩の山崎が初の入賞 陸上
男子400mリレー決勝進出 陸上
女子競歩の川崎14位、村上は落選 陸上
男子マラソン代表が出発 尾方「やっときたかな」
沢野、決勝進出はならず 男子棒高跳び  陸上
ボルト、200mも世界新 19秒30“不滅”の記録突破
7種競技2位が薬物違反 ウクライナのブロンスカ
ボルト、順当に決勝へ 陸上
マラソン棄権の土佐が帰国 現実受け止めないと、と涙
佐藤、尾方が壮行会で抱負 「自分の走りができれば」
走り幅跳びの池田は落選 陸上
イシンバエワ世界新で連覇 陸上
劉翔は右アキレスけん痛 男子110m障害を棄権
ボルトは2次へ、劉翔棄権 陸上
室伏は5位でメダル逃す 陸上
大きなため息後温かい拍手 母校の中京大で後輩ら
トメスク、追随を許さずにゴール 女子マラソン経過
日本5大会ぶりメダルなし 女子マラソン
吉田、無敵の連覇 伊調千、連続「銀」 ケイリン永井も「銅」
ボルトが世界新の9秒69 陸上
ボルト世界新9秒69 男子百メートル、初の9秒70突破
スカーフ巻き駆け抜ける 唯一のアフガン女性選手