お知らせ

Distance-はるかなる宇宙

 汐留メディアタワー1階フォトオアシスで、10月24日(土)より、写真展「Distance-はるかなる宇宙」を開催します。

~写真展開催のごあいさつ~
 夜空を仰ぎ、はるか遠くきらめく無数の星に目を凝らしてみませんか-。世界を席巻する勢いが止まらない新型コロナウイルスは、私たちの日常生活を一変させました。感染リスクを避けるため、マスクで顔を覆い、周辺の人々との社会的距離に神経を使い、親しく会話したり握手したりといった人と人の触れ合いも敬遠される時代です。しかし、地球は回り続け、夜空から星が消えることはありません。地球全体が閉塞(へいそく)感に覆われたかのように感じるいま、あえて広大な宇宙をテーマに選びました。日食、流星群、隕石(いんせき)、宇宙探査など、共同通信社が撮りためた近年の写真の中から選りすぐりをお届けします。日本中で地上の風景と星空をミックスさせた「星景写真」を撮影する有志を集めた日本星景写真協会の協力もいただきました。12月には小惑星探査機「はやぶさ2」から、小惑星「りゅうぐう」の岩石試料を入れたカプセルが地球に帰還します。宇宙に思いをはせるひとときを提供できれば幸いです。
(ニュースアート委員会)

一覧へ戻る