1. トップ
  2. 先輩たちの声
  3. ナイロビ支局 中檜 理

先輩たちの声

世界中で「自分が書かないと埋もれてしまう問題」を記事に ナイロビ支局 中檜 理(ナカヒ オサム)2002年入社

世界中で「自分が書かないと埋もれてしまう問題」を記事に

学生時代から国際報道を志し、海外ニュースに力を入れる共同通信を目指しました。

問題意識と好奇心を持ち、この業界に飛び込んでみてください。

ナイロビ支局長として、アフリカ大陸のサハラ砂漠以南47カ国を担当しています。学生時代から国際報道を志し、海外ニュースに力を入れる共同通信を目指しました。希望し続けたナイロビに赴任させてくれるなど、風通しのいい会社です。
クーデターで政権が崩壊した国、紛争地、難民キャンプ、高層ビルが立ち並び躍動する都市部―。アフリカ取材ではこうした現場を訪れます。記者をしていると、アフリカに限らず世界中のさまざまな場所に行き「自分が書かないと埋もれてしまう問題」を記事で発信することができます。
世界は広く、そして面白いです。問題意識と好奇心を持ち、この業界に飛び込んでみてください。

(写真撮影者=中野智明氏)