TOP > 重要日誌 > 2011年12月

過去のニュース 2011年12月

2011年12月16日

・野田首相が福島第1原発の原子炉は冷温停止になり事故は収束と工程表のステップ2完了を宣言、住民からは時期尚早と批判の声

・12年度を「日本再生元年」とし復興に全力挙げるとした予算編成の基本方針を閣議決定

・WTO閣僚会議(ジュネーブ、15日~)がロシアの加盟を全会一致で承認、ロシア加盟でWTOは世界の貿易量の95%をカバー

・米格付け大手のムーディーズが欧州債務危機を背景に、ベルギー国債を2段階格下げ

・台風21号がフィリピンのミンダナオ島を横断、少なくとも1453人死亡(27日現在)

2011年12月15日

・大企業製造業の業況判断指数がマイナス4と前回9月調査から6ポイント悪化、マイナスは2期ぶり―12月の日銀短観

・牛の肝臓の内部から腸管出血性大腸菌O157が初確認されたことが判明―厚労省調査

・欧州系格付け会社フィッチが米バンク・オブ・アメリカなど欧米金融大手7社の長期信用格付けを引き下げ

2011年12月14日

・IAEAの査察対象となっている全国262施設から計量や報告をしていない核物質が廃棄物から大量に見つかったことが判明

・厚労省が、希望する従業員全員について65歳までの継続雇用を企業に義務付けるべきだとする報告書原案を労働政策審議会に提示

・公取委が新日本製鉄と住友金属工業の合併を条件付きで承認

・オバマ米大統領が、イラク駐留米軍の完全撤退に向けた最後の作業が完了し「イラクでの米国の戦争が終わる」と宣言、9年近くに及んだイラク戦争は名実ともに終結▼15日、駐留米軍がバグダッドで任務終了式典

・旧日本軍の従軍慰安婦にされた韓国人女性を支援する韓国の市民団体が、ソウルの日本大使館前に被害女性を象徴する銅像設置

2011年12月13日

・エネルギー・環境会議のコスト等検証委が、原発コストを従来より約5割高い1㌔ワット時当たり8・9円と算定した報告書案を公表

・福島県が福島第1原発事故発生から4カ月間に周辺12市町村から避難した住民の外部被ばく線量の試算値を公表、最大は19㍉シーベルト

・10年度の国内の温室効果ガス排出量(速報値)が二酸化炭素換算で12億5600万㌧と前年度比3・9%増加―環境省発表

・欧州の巨大加速器実験で物質の質量のもとと考えられているヒッグス粒子を探索していた東大などの国際チームが、同粒子が存在する可能性が高まったと発表

・米上下両院はイラン中央銀行と取引する外国金融機関に対し、米金融機関との取引を制限する制裁実施で合意

2011年12月12日

・袴田事件(1966年6月)第2次再審請求で、静岡地検が同地裁の勧告を受け、取り調べ録音テープなどの証拠を弁護団に開示

・宇宙航空研究開発機構と三菱重工業が情報収集衛星搭載のH2Aロケット20号機の打ち上げに成功、国際標準の成功率95%を達成

・米上下両院の軍事委員会は、米軍普天間飛行場移設とセットになっている在沖縄米海兵隊のグアム移転の関連予算約1億5千万㌦について、12会計年度国防権限法案から全額削除することで合意▼14日、ホワイトハウスはオバマ大統領が同法案に拒否権を行使しないとする声明発表

・韓国西方の黄海の韓国側排他的経済水域内で、不法操業中の中国漁船を拿捕しようとした韓国海洋警察の隊員が漁船員に切りつけられ、1人死亡、1人負傷、韓国政府は駐韓中国大使に抗議▼13日、中国外務省が初めて遺憾の意表明