TOP > 重要日誌 > 2011年12月

過去のニュース 2011年12月

2011年12月26日

・福島第1原発事故調査・検証委が、1号機の非常用冷却装置の作動経験が全員ないなどの不手際で、炉心損傷早めた可能性と指摘、東京電力は「極めて不適切」との中間報告

・労働政策審分科会が、パートなど有期契約労働者の契約更新が繰り返され同じ職場で5年超の場合、無期限雇用に転換する報告書

・政府が整備新幹線の未着工3区間の着工方針を決定、国交相は11年度内に認可と表明

・建築家の菊竹清訓氏死去、83歳

2011年12月25日

・野田首相が中国の温家宝首相と北京で会談、朝鮮半島の平和と安定で協力を確認▼26日、胡錦濤国家主席と会談、北朝鮮対応で連携強化で一致、主席は6カ国協議再開に意欲

・ナイジェリアの首都アブジャ近郊にあるキリスト教の教会で爆弾テロ、39人死亡、イスラム過激派が犯行認める(26日現在)

2011年12月24日

・12年度予算案を臨時閣議で決定、一般会計の歳出は90兆3339億円で6年ぶりに縮小、大震災の復興費用を特別会計で手当てするなどで歳出総額は約96兆円と実質で最大規模

・ロシア下院選で不正が行われたと主張する野党主催の抗議集会がモスクワで開かれる、約3万人が参加、ソ連崩壊以降で最大規模

2011年12月23日

・大震災で岩手、宮城、福島3県の公立小中生120人が保護者が学校から引き取った後に犠牲になったことが共同通信の集計で判明

・ニューヨーク株式市場のダウ平均が4日連続で上昇、1万2294・00㌦で取引終える、7月下旬以来約5カ月ぶりの高値

2011年12月22日

・前田国交相が、政権交代後に中止が表明された八ツ場ダム建設を再開し12年度予算案に本体工事費を計上すると表明▼23日、政府・民主三役会議が建設再開を正式決定

・東京電力が企業向け電気料金を12年4月から火力発電の燃料費増で約2割値上げと発表

・厚労省が食品に含まれる放射性セシウムの新基準値案を公表、現行を大幅に厳しくし4分の1~20分の1に、12年4月から適用へ

・イラクの首都バグダッドで爆弾による同時多発テロ、少なくとも63人が死亡、約200人が負傷、米軍の完全撤退後で最大規模

・米原子力規制委が米原発大手ウェスチングハウス・エレクトリックの新型原子炉の設計を認可、約34年ぶりに新規着工が再開