TOP > 重要日誌 > 2011年12月

過去のニュース 2011年12月

2011年12月31日

・オウム真理教元幹部で特別手配中の平田信容疑者が警視庁丸の内署に出頭、直前に同庁本部訪ねるも門前払い▼12年1月1日、同庁が逮捕監禁致死容疑で逮捕、逃亡約17年

・バレーボール元監督の松平康隆氏死去、81歳

・北朝鮮の朝鮮中央通信が、朝鮮労働党政治局会議で30日、金正日総書記死去で空席になっていた朝鮮人民軍最高司令官に金正恩氏が任命されたと報じる

2011年12月30日

・東京株式市場で大納会、平均株価は8455円35銭で大納会の終値としては29年ぶりの安値

・ロンドン、ニューヨーク外国為替市場で一時1ユーロ=99円85銭を付け、約10年半ぶりに100円の大台を割る、欧州債務危機の深刻化でユーロ安・円高が加速

2011年12月29日

・民主党の合同会議が消費税率を14年4月に8%、15年10月に10%と2段階で引き上げる税制改革案を了承、首相が異例の協力要請▼30日、関係閣僚会合が同様の政府案決定

・北朝鮮の故金正日総書記の中央追悼大会が平壌で開かれる、ナンバー2の金永南最高人民会議常任委員長が追悼の辞で、正恩氏を「党、軍、人民の最高指導者」と言明

・米政府がF15戦闘機など294億㌦相当の装備を売却することでサウジアラビア政府と合意したと発表、イランへの抑止力強化が狙い

2011年12月28日

・労働政策審の部会が60歳で定年に達した人の選別を廃止し、希望者全員の65歳までの雇用確保を企業に義務付ける報告書まとめる

・民主党の衆院議員9人が、野田首相の消費税増税方針に反対し集団で離党届を提出

・プロゴルファーの杉原輝雄氏死去、74歳

・北朝鮮の金正日総書記の葬儀・告別式が平壌で開かれる、正恩氏が葬儀後、党や国家、軍の幹部に対して「先軍政治」継承を表明

・7月に中国浙江省で起きた高速鉄道追突事故で、中国政府が事故調査団から複合的な人為ミスが原因とする報告を受け、前鉄道相や請負企業の関係者ら54人を処分

・米国防総省の報道官が、日本政府が沖縄県に米軍普天間飛行場の県内移設に向けた環境影響評価の評価書を提出したことについて「意義深い進展」と歓迎する声明を発表

2011年12月27日

・政府が安全保障会議で武器輸出三原則に基づく事実上の禁輸政策を大幅緩和、国際共同開発・生産への参加解禁などの新基準了承

・政府が米軍普天間飛行場の沖縄県内移設に向けた環境影響評価書を配送業者を使い沖縄県庁に運ぶも市民が阻止▼28日、沖縄防衛局長らが未明に守衛室に搬入、同県に提出

・枝野経産相が東京電力の西沢社長に対し、同社の実質国有化の検討を指示

・シリア・アサド政権の反体制デモ弾圧停止を求めるアラブ連盟の監視団が、最も弾圧が激しいと伝えられる西部の都市ホムスで調査活動を開始、3月のデモ弾圧開始後、外国の調査が入るのは初めて