TOP > 重要日誌 > 2010年12月

過去のニュース 2010年12月

2010年12月31日

・日本航空がパイロットと客室乗務員計約170人を整理解雇―大西賢社長が発表

・10年中に20歳となった新成人は124万人で、総人口に占める割合が初めて1%割れ―総務省の人口推計

・韓国政府が大手新聞・通信5社のテレビ事業参入を認めると発表、中央日報の設立する放送事業会社にテレビ朝日が9億円出資

2010年12月30日

・10年に出た死刑判決は前年より20人少ない14人で11年ぶりに10人台に減少、確定死刑囚は111人で過去最多―共同通信集計

・10年最後の取引、大納会での東証平均株価の終値が1万0228円で2年ぶりに下落

・温暖化や大気汚染などの環境破壊による08年の損害額は約530兆円と世界のGDP総計の11%に、50年には4倍超―国連環境計画

・プーチン首相の政敵で、ロシア元石油大手ユコスのホドルコフスキー元社長が資金洗浄で追起訴された事件で、モスクワ裁判所が懲役期間を6年延長し計14年とする判決

2010年12月29日

・10年に全国で実施された裁判員裁判は1421件(被告は1498人)で、8500人超の有権者が裁判員を経験―共同通信まとめ

・ 韓国政府が11年の対北朝鮮政策を、同国の内部変化を誘導しながら朝鮮半島統一に向けた準備を強化する方針に路線転換

・韓国政府が口蹄疫感染拡大を受け警戒水準を最高レベルに引き上げ、対策本部を設置

・中国当局が山口銀行や中国大手行など16行に罰金などの処分、投機資金流入で規定違反

2010年12月28日

・民主党の小沢元代表が会見、11年1月召集の通常国会で衆院政倫審へ自発的に出席する意向を表明▽菅首相と岡田幹事長は国会召集前の無条件出席を要求

・排出量取引制度の導入先送り、政府が産業界からの強い抵抗で、温暖化対策大きく後退

・日本映画を代表する女優の高峰秀子さん死去、86歳、「二十四の瞳」などの名作に出演

・ 中国商務省が11年上半期(1~6月)のレアアース輸出許可枠を10年の同時期と比べ35%減の約1万4400㌧にすると発表

2010年12月27日

・菅内閣不支持が67%で発足後最高、支持率は23・6%で前回並み―共同通信世論調査

・探査機あかつきの金星軌道入り失敗の原因はエンジン弁の閉塞―宇宙機構が報告

・元最高裁判事の伊藤正己氏死去、91歳、判決で40件以上の反対、補足意見を表明

・ 韓国国防省が国防白書で北朝鮮は「われわれの敵」との表現使用を決定と発表、国防上の「主敵」とする旧概念復活、発刊は30日

・韓国国土海洋省が11年度の業務計画で竹島や延坪島など10カ所を「国家管理港」に指定