TOP > 重要日誌 > 2009年11月

過去のニュース 2009年11月

2009年11月30日

・ 肝炎対策基本法が参院本会議で可決、成立、施行は2010年1月

・ 鳩山首相の偽装献金問題の説明を「納得できず」が74・9%―共同通信全国電話世論調査

・ 08年度に全国の国公私立の小中高校が把握した暴力行為が過去最多の5万9618件―文科省の問題行動調査

・ 共産党のビラ配布で04年、都内のマンションに無断で立ち入り住居侵入罪に問われた僧侶の上告を最高裁が棄却、有罪確定へ

・ 政府が失業者支援の窓口を一本化する「ワンストップ・サービス」を17都道府県のハローワーク77カ所で試験的に実施

・ 北朝鮮が通貨ウォンのデノミネーションを実施、旧通貨と新通貨の交換比率は100対1

2009年11月29日

・ 大相撲九州場所で横綱白鵬が4度目の全勝優勝、ことし86勝目で年間最多勝記録を更新

・ ホンジュラスの大統領選で、野党国民党のポルフィリオ・ロボ氏が勝利宣言

・ ウルグアイ大統領選の決選投票で元極左ゲリラ、ホセ・ムヒカ元農牧・水産相が初当選

・ イランが新たにウラン濃縮施設10カ所の建設を計画―イランのメディア報道

・ スイスでイスラム教寺院の塔建設禁止の是非を問う国民投票、57・5%の賛成多数で可決
案に対策を盛り込むよう指示

2009年11月28日

・ 政府の情報収集衛星「光学3号機」の打ち上げ成功、精度向上で数十センチまで識別可能

・ 英連邦が12月の気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)で、「有効な拘束力のある」合意を目指すことなどを盛り込んだ気候変動宣言を発表

2009年11月27日

・行政刷新会議の「事業仕分け」終了、延べ9日間の作業で2010年度概算要求の圧縮額は約7500億円、財政効果は1兆8000億円程度

・外国為替市場の円相場が一時、1㌦=84円台後半まで急騰、14年4カ月ぶりの円高水準

・インフルエンザ患者の7月上旬以降の累計が約1075万人に―国立感染症研究所発表

・米軍核搭載艦船の日本通過・寄港を黙認する日米間の「核密約」などを精査する有識者委員会が初会合

・ニューヨーク外国為替市場の円相場が一時、1㌦=86円35銭、約14年ぶりの円高水準

・ロシア北西部で旅客列車が脱線、26人死亡、最高検察庁が爆弾テロとみて捜査

・IAEAがイラン第2のウラン濃縮施設の建設停止などを求める決議を採択

2009年11月26日

・共同通信社、共同通信加盟社、毎日新聞は2010年4月1日に毎日新聞が共同通信に加盟すると発表、1952年の脱退以来58年ぶり

・ 中国が2020年までにGDP単位当たりの二酸化炭素排出量を05年比で40-45%削減する行動目標決定と発表、中国の数値目標は初

・ノルウェー政府は、イランの弁護士シリン・エバディさんに授与されたノーベル平和賞のメダルがイラン政府に押収されたと表明