TOP > 重要日誌 > 2009年6月

過去のニュース 2009年6月

2009年06月30日

・民主党の鳩山代表が政治資金収支報告書の記載者が献金を否定したり、故人が含まれていた問題で、05年から4年間で総額2177万円の虚偽記載を認め陳謝、代表辞任は否定

・5月の有効求人倍率が0・44倍で前月を0・02ポイント下回り調査開始以来最低―厚労省▽完全失業率も前月比0・2ポイント悪化し5・2%―総務省

・衆参両院が08年の議員所得報告書を公開、1人当たり平均所得は2482万円と4年ぶり減

・イラクの油田・ガス田開発の入札が行われ英中の企業連合が落札、イラクが油田開発を本格的に外資に開放するのは約40年ぶり

・台湾政府が製造業など計100分野で中国から台湾への直接投資を解禁、直接投資の受け入れは1949年の中台分断以降初めて

・アフリカ東部の島国コモロで、乗客乗員153人が乗った国営イエメン航空の旅客機が墜落、10代の少女1人が生存(7月2日現在)

・ドイツの著名な振付師で演出家のピナ・バウシュ死去、68歳

2009年06月29日

・日本郵政が定時株主総会で西川善文社長を含む取締役全員の再任を決定▽佐藤総務相が西川氏に再任の許可書を手渡し続投を認可

・日米の核持ち込み密約文書が外務省内にあり、歴代事務次官が引き継いだと共同通信に証言した1人の村田良平氏が実名公表に同意

・石川県議会が小中学生に携帯電話を持たせない保護者の努力義務を盛り込んだ「いしかわ子ども総合条例」改正案を可決、全国初

・イランの護憲評議会が選挙結果に影響を及ぼす「大規模な不正は存在しなかった」と結論、アハマディネジャド大統領再選が確定

・経営破綻した米自動車最大手GMがトヨタとの合弁事業から撤退と発表、日米自動車摩擦回避の象徴となった合弁事業が25年で幕

・イタリア中部で液化石油ガスを積載した列車が脱線し爆発、周辺民家などの倒壊や延焼で19人が死亡(7月2日現在)

2009年06月28日

・麻生首相と韓国の李明博大統領が官邸で会談、北朝鮮制裁で連携を強化することで合意

・イラク駐留米軍の司令官が30日の期限を前に戦闘部隊が都市部からの撤退を完了と表明

・ホンジュラスでクーデター、兵士らがセラヤ大統領を連行しコスタリカに移送、国会が同大統領を解職、議長を暫定大統領に任命

2009年06月27日

・医師を乗せて患者を運ぶドクターヘリの08年度の出動が全国で5635回に上り、本格運用開始の01年度の6倍超になったことが学会の調査で判明、16道府県の18病院に配備

・女子マラソンの草分け、永田七恵死去、53歳

・北大西洋条約機構(NATO)とロシアが08年8月のグルジア紛争以来一部凍結していた軍事協力の再開で合意、関係が正常化へ

2009年06月26日

・西松建設がダミーの政治団体使い自民党二階派政治団体のパーティー券購入で、東京地検が政治資金規正法違反罪で元社長を追起訴、検察審査会の議決を受け一転して立件

・5月の生鮮食品を除く全国消費者物価指数が100・5と前年同月比1・1%低下し、過去最大の下落率―総務省

・イタリアで8カ国(G8)外相会合、北朝鮮にすべての核兵器や弾道ミサイル計画の放棄を迫る議長声明、イラン情勢に遺憾の意

・韓国が2020年までの「国防改革基本計画」を大幅修正、北朝鮮の核兵器やミサイル発射に対して先制攻撃で制圧する方針を明確化

・米下院が温室効果ガスの排出量取引制度創設を柱とする地球温暖化対策法案を可決