TOP > 重要日誌 > 2009年4月

過去のニュース 2009年4月

2009年04月30日

・麻生内閣の支持率が29・6%と3月の前回調査から5・9ポイント上昇、補正予算案は55%が「評価せず」―共同通信世論調査

・日本漢字能力検定協会が前理事長らの親族企業との取引を解消する改善計画決定、09年6月の検定は予定通り実施へ

・09年3月の鉱工業生産指数が前月比1・6%上昇、6カ月ぶりの上昇で経済産業省は基調判断を上方修正

・韓国最高検が盧武鉉前大統領を不正資金疑惑で聴取、収賄罪での立件を目指す

・米自動車大手クライスラーが連邦破産法の適用を申請し経営破綻、イタリアのフィアットとの資本提携と公的資金で再建を図る

2009年04月29日

・麻生首相が中国訪問、北京で温家宝首相と会談し新型インフルエンザ拡大阻止へ日中協力を確認▼30日、胡錦濤国家主席と会談

・WHOが新型インフルエンザの感染拡大で警戒水準を「5」に引き上げ▼30日、呼称を「豚インフルエンザ」から「インフルエンザA型(H1N1)」に変更

・米商務省が1―3月期実質GDP速報値発表、年率で前期比6・1%減と3期連続マイナス

・台湾政府はWHOの5月総会に「中華台北」名でのオブザーバー参加を発表、1971年の国連脱退後、国連機関の会合に初参加

2009年04月28日

・政府が「新型インフルエンザ対策本部」の初会合、国内感染阻止に向けた水際対策の徹底や医療態勢強化などの対処方針決定▼29日、厚生労働省が海外から航空機で入国する全乗客に体調などの申告を義務付け

・1978年に小学校教諭を殺害し殺人罪の時効成立後に自首した男に遺族が賠償を求めた訴訟で、最高裁が男の上告を棄却、除斥期間を適用せずに賠償を命じた二審判決が確定

・熊本県の市立小学校で02年、臨時講師が男子生徒の胸元をつかんだ行為は「違法な体罰に当たらず」と最高裁が一、二審と反対の判断、少年側の逆転敗訴が確定

・米国で地球温暖化対策の主要経済国フォーラム初会合、京都議定書後の新たな枠組みの7月合意へ協議を加速する方針で一致

2009年04月27日

・政府が追加経済対策のため過去最大となる14兆6987億円の財政支出を盛り込んだ09年度補正予算案を国会に提出

・国土交通省が高速道路4路線の一部着工に向けた整備計画への格上げ決定、10年ぶりに高速道の新規着工再開へ

・WHOが豚インフルエンザの人から人への大量感染で警戒水準を「3」から「4」に引き上げ、新型インフルエンザと認定▼28日、世界中に拡大し各国は水際作戦に全力

・米自動車最大手GMが6工場閉鎖や約8000人の人員削減、主要ブランド「ポンティアック」廃止などの追加リストラ策発表

2009年04月26日

・麻生首相がメキシコなどでの新型インフルエンザ発生を受け、水際対策の徹底を指示、メキシコツアーは中止が相次ぐ▼27日、政府が全閣僚による対策会議開催、ワクチン製造の検討など当面の対処方針まとめる

・名古屋市長選で民主推薦の新人で前衆院議員の河村たかし氏当選、大型地方選での民主連敗がストップ

・中台交流窓口機関トップが南京で会談、直行便の大幅増加や金融部門の協力などで合意