TOP > 重要日誌 > 2009年2月

過去のニュース 2009年2月

2009年02月28日

・北京で日中外相会談、司法刑事協力条約締結へ交渉開始を確認

・中国の全国人民代表大会(国会)常務委員会が「食の安全」確保に向け食品企業の監督強化などを盛り込んだ食品安全法を可決

2009年02月27日

・愛知県豊橋市のウズラ農場で鳥インフルエンザウイルスを確認、感染力の弱いH7型

・嘉手納基地の爆音訴訟で福岡高裁那覇支部が救済範囲を拡大、米軍機騒音訴訟では過去最高の56億円の賠償を国に命ずる判決

・公取委が音楽の著作権管理事業で新規参入を妨げているとして、独禁法違反で日本音楽著作権協会(JASRAC)に排除命令

・オバマ米大統領がイラク駐留米軍14万人のうち、戦闘任務に就いている約10万人を10年8月末までに撤退させると表明

・米政府と金融大手シティグループが政府保有の優先株を議決権のある普通株へ転換し、約36%のシティ株を政府が握ることで合意、事実上の「政府管理」へ

・08年10-12月期の米GDPが、年率で前期比6・2%減、1月発表の速報値を下方修正、27年ぶりの落ち込みに

2009年02月26日

・靖国神社に「英霊」として祭られるのは苦痛として遺族9人が名簿からの削除を求めた訴訟で、大阪地裁は故人追慕の人格権を認めず、請求を棄却

・大阪地検が障害者団体向けの郵便料金割引制度を悪用していたとして、大阪市の広告代理店社長らを郵便法違反などの疑いで逮捕

・オバマ米大統領が予算教書を議会に提出、09年度の財政赤字は史上最大規模の171兆円に拡大と見込む▽イラクなどでの対テロ戦費は累計で1兆ドル突破の見通しに

・米GMの08年12月期決算で純損失が3兆円、赤字は4年連続で過去2番目の巨額赤字となり、経営危機一段と深刻化

・旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷が、コソボ紛争で戦争犯罪に問われたセルビア共和国のミルティノビッチ元大統領に無罪判決

2009年02月25日

・新たな宇宙飛行士候補として航空自衛隊員と全日空副操縦士の2人を宇宙機構が選抜、現役パイロットからの転身は初めて

・福岡大病院で08年に60代の男性の延命治療を中止していたことが判明、救急医学会の指針適用例で明らかとなったのは初

・東京都中央区の眼科で近視矯正のレーシック手術で67人が角膜炎などを発症と判明

・コンビニエンスストア2位のローソンが7位のam/pmジャパンを買収すると発表

・オランダ・アムステルダムでトルコ航空機が着陸に失敗、9人死亡、約50人けが

・2人が指名辞退した米商務長官に中国系のロック前ワシントン州知事を指名

2009年02月24日

・ワシントンで麻生首相がオバマ米大統領と初顔合わせ、北朝鮮の弾道ミサイル発射の動きに自制促す方針で一致

・耐震強度偽装事件で名古屋地裁が建築確認をした行政側の責任を初めて認定、愛知県にも損害賠償命じる判決

・オバマ米大統領が議会上下両院合同会議で就任後初の施政方針演説、米国の「再建」を約束、テロへの言及少なく内政問題が大半

・北朝鮮が実験用通信衛星の打ち上げ準備を行っているとの談話発表、長距離弾道ミサイル「テポドン2号」か