TOP > 重要日誌 > 2008年12月

過去のニュース 2008年12月

2008年12月31日

・09年最大の政治決戦である衆院選の立候補予想者は870人に、自民、民主両党の直接対決は257選挙区―共同通信調べ

・08年に国内で死亡した日本人は114万3000人、資料が残る1947年以降最多、出生率は横ばいで人口減加速―人口動態統計

・ニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均が8776・39ドル、07年末の終値に比べ4488・43ドル安で、下げ幅は史上最大、下落率は大恐慌下の1931年以来の33・8%

・中国の胡錦濤国家主席が中台関係について、「敵対状態終了と協議による和平達成」など6項目を提起し統一を目指す方針を強調

2008年12月30日

・東京株式市場が大納会、年間下落率は42%と過去最大、時価総額も196兆円減少

・ロシア大統領府はメドベージェフ大統領が大統領の任期を現行の4年から6年に延長する憲法改正案に署名したと発表、2期12年にわたる長期政権が可能に

2008年12月29日

・イランで誘拐され、08年6月に解放された横浜国立大生の事件で、日本政府が事実上の身代金2億円を支払っていたことが判明

・米財務省が米自動車最大手ゼネラル・モーターズ(GM)の関連金融会社GMACを約5400億円の公的資金で支援すると発表

・バングラデシュで議会選挙▼30日、アワミ連盟(AL)が全議席の3分の2以上を獲得し圧勝、約7年ぶりに政権奪取

・ペルシャ湾岸の6産油国による湾岸協力会議の首脳会議開会▼30日、地域経済圏創設に向け、統一通貨導入を承認する声明を採択

2008年12月28日

・フランスで製造したMOX燃料を九州、四国、中部の各電力が09年前半に日本に海上輸送する計画を立てていたことが判明

・東海道、秋田、山形、長野各新幹線で雪や強風による運転見合わせや車両故障などが相次ぎ、帰省客ら約3万人に影響

・タイのタクシン元首相を支持する市民団体が反タクシン派のアピシット新首相の施政方針演説を前に抗議集会、約2万人が集結

・ガーナで大統領選の決選投票▼1月3日、野党、国民民主会議(NDC)のジョン・ミルズ元副大統領が当選

2008年12月27日

・米国から日本の研究機関などに提供されていた高濃縮ウラン約600キロが極秘裏に返還されていたことが判明、核兵器20発分で拡散への警戒が背景に

・イスラエル軍がパレスチナ強硬派ハマスのロケット弾攻撃に対抗して自治区ガザを大規模空爆、200人以上死亡、1日のパレスチナ人死者数としては最悪規模▼30日、フランス提示の48時間停戦案を拒否、空爆続行