日本のメダル数

北京五輪 開会式

>> アトラクションの模様

北京五輪開幕 厳戒下「夢」の祭典  日本、福原先頭に行進

日の丸と日本選手団

旗手の福原愛選手を先頭に、北京五輪開会式で入場行進する日本選手団=8日夜、国家体育場(共同)

【北京9日共同】第29回夏季オリンピック北京大会は8日午後8時(日本時間同9時)、「鳥の巣」の愛称を持つ北京市北部の国家体育場で開会式を行い、4年に1度のスポーツの祭典が開幕した。

会場周辺は一般車両の通行が封鎖され、テロ封じ込めに向けた厳戒態勢が敷かれた。3月のチベット暴動鎮圧をめぐり国際的な非難を集め、開幕直前には新疆ウイグル自治区で五輪テロとみられる事件もあった。式の途中にロシアとグルジアが軍事衝突のニュースが伝わり、平和の祭典に影を落とした。

点火された聖火台

体操金メダリストの李寧氏(右下円内)により点火された北京五輪の聖火台=9日午前0時すぎ、国家体育場

アジアでの夏季五輪開催は1964年東京、88年ソウルに次いで3度目。参加国・地域は史上最多の204となった。

史上最多の576人の選手団を派遣した日本は入場行進で23番目に登場。卓球女子の福原愛(19)=ANA=が先頭で旗手を務めた。アテネ五輪などで実施した韓国と北朝鮮による合同行進は実現しなかった。

聖火の点火方法

福田康夫首相、ブッシュ米大統領ら五輪史上最多となる80カ国以上の元首、首脳級が出席。日本の首相が夏季五輪の開会式に出るのはソウル大会の竹下登氏以来20年ぶりになる。

国際オリンピック委員会(IOC)のジャック・ロゲ会長が「中国の夢が実現した」とあいさつし、胡錦濤国家主席が開会を宣言した。最終聖火ランナーは84年ロサンゼルス五輪の体操金メダリスト、李寧氏(44)が務め、聖火台に点火した。開会式は約4時間に及び、9日未明に終了した。

競技は9日から本格的に始まり、24日まで28競技、302種目が実施される。

中国の夢が実現 ロゲ会長スピーチ要旨

IOCのロゲ会長

北京五輪開会式であいさつするIOCのロゲ会長=8日夜、国家体育場(共同)

 北京五輪開会式でのロゲ国際オリンピック委員会(IOC)会長のスピーチ要旨は次の通り。

 中国は五輪を開いて北京に世界の選手を招くことを長く夢見てきた。今夜、その夢が実現した。大会テーマの「一つの世界 一つの夢」はわたしたちを表している。「一つの世界」として世界は四川大地震に胸を痛め、中国の人々が見せた勇気と連帯に感動した。「一つの夢」として五輪が喜びと希望、誇りをもたらすことを願う。選手は大会がパフォーマンスだけでなく、人種、性別、宗教、政治体制を超えた平和の集まりであることを忘れないでほしい。わたしたちが誇らしく思うような行いをしてください。(共同)