日本のメダル数

記事詳細

議論が自由をつくる 香港フェニックスの試み

「不買運動は、自分の意見を表現する合法的で平和的な手段だ」

「いや、民衆の非組織的な運動はコントロールを失い危険だ」

打ち合わせする黄氏

スタッフと打ち合わせをする香港フェニックス・テレビの黄海波氏=4月18日(共同)

香港フェニックス・テレビの生放送の討論番組「時事弁論会」。北京五輪の聖火リレー妨害などに反発したフランス系スーパー、カルフールでの不買運動が中国各地で始まった4月18日、ビクトリア湾に面した高層ビルにあるスタジオで、論客たちが是非をめぐり議論していた。

「庶民が意見を表現するには、財布のひもを締めるぐらいしかないだろ」。司会の黄海波(こう・かいは)(42)が途中で番組に寄せられたメールを読み上げると、再び議論が沸く。

番組は毎週月―金曜日の週5回。テーマは毎回、前日夕方に話題性のある出来事からディレクターの鍾麗瓊(しょう・れいけい)が選び、意見の異なる識者3人に討論参加を依頼、翌日昼には生中継がある。

終了後、鍾がパソコンを立ち上げる。「今日は反応がいいわ。たくさん来ている」。湖北、北京、広東…。中国各地から数百通のメール。中国メディア勤務だった鍾は「大陸メディアで生放送の討論会は難しい。視聴者の声をその場で取り上げるのはもっと難しい」。

フェニックスは香港に拠点を置きながら北京語で放送、視聴者の9割は中国本土にいる。規制の厳しい中国メディアから自由な気風を求めてくる転身組も多い。鍾だけでなく黄もそんな1人だ。

2001年9月11日の米中枢同時テロ。黄がいた中国中央テレビは一報を報じなかったが、フェニックスは特番体制で報道。うらやましいと思った。翌年、黄はフェニックスに移った。黄は「本当の仕事がしたいならフェニックスにと思う人は多い。ここには中国本土、台湾、香港から人材が集まる。中国が完全に統一している」と笑う。

黄は特集番組の制作担当だが、時事弁論会に対する思い入れは強い。「一つの意見があれば、必ず反対の意見がある。意見がぶつかり合うことが言論の自由を表す」からだ。

今回番組に寄せられた意見には「個人の不買運動は自由だが、他人に強いるのはナンセンス」などと極端な抗議運動への批判的な意見も多かった。2005年の反日デモの時に比べ「冷静な意見は増えている」という。

気掛かりは時事弁論会には広告が集まらないこと。中国に関する敏感なテーマを扱うことから企業が敬遠しているというのが黄の分析だ。時々、社内の一部から厳しい視線を感じることもあるが黄は気に留めない。

「自分のやっていることは中国への『善意』と『誠意』に基づいている。中国政府の上層部もわれわれのやっていることを支持しているはずだ」。そう確信している。(敬称略)(共同)

   ×   ×

フェニックス・テレビ 香港の民間衛星テレビ局で中国語名は鳳凰(ほうおう)衛視。主に北京語で放送する。1996年に放送を開始。世界150以上の国と地域の4000万以上の世帯で視聴され、うち約9割は中国本土とされる。

(06/05)

ニュース一覧

・室伏、銅メダルに繰り上げ 北京五輪男子ハンマー投げ (12/12)

 【ローザンヌ(スイス)11日共同】国際オリンピック委員会(IOC)は11日、スイスのローザンヌで開いた理事会で、北京五輪の陸上男子ハンマー投げで2、3位となったベラルーシ2選手をドーピング違反での失・・・続き

・室伏静観「正式連絡なし」 歓迎、不快、困惑の陸連 (09/04)

 北京五輪陸上男子ハンマー投げで上位2選手のドーピング違反が発覚し、5位だった室伏広治(ミズノ)が銅メダルに繰り上がることが濃厚になった。3日の深夜に一報を知ったという室伏だが「まだ正式な連絡はありま・・・続き

・JOCは早急に確認の方針 ハンマー投げ薬物違反で (09/04)

 北京五輪陸上男子ハンマー投げのドーピング違反で室伏広治(ミズノ)が繰り上げで銅メダルを獲得する可能性が高くなったことについて、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は4日、「早急に事実確認を・・・続き

・室伏に繰り上げ銅へ 五輪ハンマーで禁止薬物 (09/04)

 【ロンドン3日共同】北京五輪の陸上男子ハンマー投げで2、3位になったベラルーシの2選手が競技後のドーピング検査で禁止薬物に陽性反応を示していたことが3日、明らかになった。関係者によると予備検体の検査・・・続き

・首相、北島選手らに感謝状 「立派な成績挙げた」 (08/26)

福田康夫首相は26日夜、北京五輪の競泳男子平泳ぎで連続2冠を達成した北島康介選手ら、メダリストを含む選手約115人を官邸に招き、感謝状と銀製の写真立ての記念品を贈呈した。 首相はあいさつで「立派な成・・・続き

・阪神新井は腰椎の疲労骨折 今季中の復帰は微妙か (08/26)

阪神は26日、北京五輪野球の日本代表で4番を務めた新井貴浩内野手が、帰国後に大阪市内の病院で検査を受け「第5腰椎の疲労骨折」と診断されたと発表した。全治期間は明らかになっていないが、状況次第では今季・・・続き

・北島ら出席し日本選手団解団式 メダリストに報奨金 (08/26)

北京五輪で9個の金メダルを含む25個のメダルを獲得した日本選手団の解団式が26日午前、東京都内のホテルで行われ、競泳男子平泳ぎで連続2冠の偉業を達成した北島康介(日本コカ・コーラ)、レスリング女子で2・・・続き

・ワンジルがケニアへ帰国 日本での優勝会見は中止 (08/26)

【北京26日共同】北京五輪男子マラソンで金メダルに輝いたサムエル・ワンジル(ケニア)が26日、北京からケニア選手団のチャーター機で帰国することが明らかになった。ケニア大統領主催の祝賀会に招待されたた・・・続き

・金メダル選手に560万円 中国 (08/25)

【北京25日共同】中国政府系のウェブサイト「中国網」によると、中国国家体育総局の幹部は24日、一部地方紙の取材に対し、北京五輪で金メダルを獲得した中国の選手に1人35万元(約560万円)を支給するこ・・・続き

・北島選手の国民栄誉賞、慎重判断 政府、世論見極め (08/25)

政府は北京五輪の男子平泳ぎで史上初の2大会連続2冠を達成した北島康介選手への国民栄誉賞授与を検討している。ただ、ほかに活躍した選手とのバランスを考慮すべきだとの意見や、現役選手を続ける場合は時期尚早・・・続き


ニュース一覧 【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】 【11】 【12】 【13】 【14】

 【15】 【16】 【17】 【18】 【19】 【20】 【21】 【22】 【23】 【24】 【25】 【26】 【27】