日本のメダル数

記事詳細

「読まれる記事を書け」 競争激化、広がる実力主義

香港勢を巻き込み、メディアが特ダネ競争を繰り広げる中国広東省。「市民が知るべきことを書く。それがわたしたちの仕事だ」。地元新聞社の男性記者は意気込む。当局批判をすれば、停刊や幹部の処分にもつながりかねないが、「政府の気に障ることを書いたら、(共産党)中央宣伝部から電話で『気を付けろ』と言われるだけさ」と頼もしい。

中国誌の編集会議

北京市の中国誌「中国新聞週刊」本社では、週に1度の編集会議が開かれ、デスクや記者らが活発に議論を交わした=4月2日(共同)

この記者が所属する新聞社は最近、能力給制を導入した。給与の8割が成績で決まるという。人事考課では(1)特ダネの有無(2)記事の客観性、正確性(3)記事の本数や行数―が審査され、年齢にかかわらず記者はランク分けされる。「みんな特ダネを狙っている」。記者間の競争も激しい。

2003年末に当局の規制を破って「南方都市報」が新型肺炎(SARS)の再発を報じるなど、広東省のメディアは先進的な報道姿勢で知られる。「北京のメディアは保守的。変わらないと」。男性記者はそう指摘した。

一方の北京。〝実力主義〟はメディアに徐々に広がっていた。

「他社が既に書いたような記事は必要ない!」

デスクが記者にげきを飛ばす。北京中心部にあるビルの13階。3月26日、中国の有力週刊誌「中国新聞週刊」の一室では、記者とデスクがテーブルをぐるりと囲み、次号の方針を決める編集会議を開いていた。

記者とデスク計30人ほどで、約80ページの週刊誌をつくる。記者はほとんどが20―30代。会議では各記者がネタを持ち寄り熱心に議論する。

「観光地として有名な湖の近くに化学工場がある。汚染源になるような工場の操業がなぜ許されているのか探りたい」「それ、面白い。取材を進めて」。記者の提案にデスクは満足そうだ。

別の記者は「毛沢東も指摘した思想解放の必要性について、歴史をひもとき記事を書きたい」と提案したが、「理屈ばかりではダメだ。読者を引きつける事実を書かないと」とデスクがぴしゃり。議論は2時間続いた。

毎週水曜日の会議が終わると記者らはそれぞれ中国各地へ取材に向かう。原稿の締め切りは週明け。週末に執筆することも多い。ある記者は「月給が1万元(約15万円)のときもあれば5000元のときもある」。原稿量で給与も変わるという。

「ここ10年で市場経済化が急速に進み、メディアを取り巻く環境は変わった」と編集長の秦朗(しん・ろう)(50)。同社の収入の6割は広告が占める。約9000誌の雑誌がひしめく中国では「読まれる雑誌」をつくらないと、経営が成り立たない。

「人民日報など党機関紙が書かないことを読者は読みたがっている。面白い記事を提供しないと競争に負けてしまう」。秦の危機感は強い。(敬称略)(共同)

   ×   ×

中国新聞週刊 中国の通信社、中国新聞社の傘下にある週刊誌。2000年1月に創刊。斬新な内容で注目を集めたが、資金問題で一時停刊し、02年3月に復刊した。一部八元。発行部数は中国全土で約30万部。

(06/05)

ニュース一覧

・室伏、銅メダルに繰り上げ 北京五輪男子ハンマー投げ (12/12)

 【ローザンヌ(スイス)11日共同】国際オリンピック委員会(IOC)は11日、スイスのローザンヌで開いた理事会で、北京五輪の陸上男子ハンマー投げで2、3位となったベラルーシ2選手をドーピング違反での失・・・続き

・室伏静観「正式連絡なし」 歓迎、不快、困惑の陸連 (09/04)

 北京五輪陸上男子ハンマー投げで上位2選手のドーピング違反が発覚し、5位だった室伏広治(ミズノ)が銅メダルに繰り上がることが濃厚になった。3日の深夜に一報を知ったという室伏だが「まだ正式な連絡はありま・・・続き

・JOCは早急に確認の方針 ハンマー投げ薬物違反で (09/04)

 北京五輪陸上男子ハンマー投げのドーピング違反で室伏広治(ミズノ)が繰り上げで銅メダルを獲得する可能性が高くなったことについて、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は4日、「早急に事実確認を・・・続き

・室伏に繰り上げ銅へ 五輪ハンマーで禁止薬物 (09/04)

 【ロンドン3日共同】北京五輪の陸上男子ハンマー投げで2、3位になったベラルーシの2選手が競技後のドーピング検査で禁止薬物に陽性反応を示していたことが3日、明らかになった。関係者によると予備検体の検査・・・続き

・首相、北島選手らに感謝状 「立派な成績挙げた」 (08/26)

福田康夫首相は26日夜、北京五輪の競泳男子平泳ぎで連続2冠を達成した北島康介選手ら、メダリストを含む選手約115人を官邸に招き、感謝状と銀製の写真立ての記念品を贈呈した。 首相はあいさつで「立派な成・・・続き

・阪神新井は腰椎の疲労骨折 今季中の復帰は微妙か (08/26)

阪神は26日、北京五輪野球の日本代表で4番を務めた新井貴浩内野手が、帰国後に大阪市内の病院で検査を受け「第5腰椎の疲労骨折」と診断されたと発表した。全治期間は明らかになっていないが、状況次第では今季・・・続き

・北島ら出席し日本選手団解団式 メダリストに報奨金 (08/26)

北京五輪で9個の金メダルを含む25個のメダルを獲得した日本選手団の解団式が26日午前、東京都内のホテルで行われ、競泳男子平泳ぎで連続2冠の偉業を達成した北島康介(日本コカ・コーラ)、レスリング女子で2・・・続き

・ワンジルがケニアへ帰国 日本での優勝会見は中止 (08/26)

【北京26日共同】北京五輪男子マラソンで金メダルに輝いたサムエル・ワンジル(ケニア)が26日、北京からケニア選手団のチャーター機で帰国することが明らかになった。ケニア大統領主催の祝賀会に招待されたた・・・続き

・金メダル選手に560万円 中国 (08/25)

【北京25日共同】中国政府系のウェブサイト「中国網」によると、中国国家体育総局の幹部は24日、一部地方紙の取材に対し、北京五輪で金メダルを獲得した中国の選手に1人35万元(約560万円)を支給するこ・・・続き

・北島選手の国民栄誉賞、慎重判断 政府、世論見極め (08/25)

政府は北京五輪の男子平泳ぎで史上初の2大会連続2冠を達成した北島康介選手への国民栄誉賞授与を検討している。ただ、ほかに活躍した選手とのバランスを考慮すべきだとの意見や、現役選手を続ける場合は時期尚早・・・続き


ニュース一覧 【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】 【11】 【12】 【13】 【14】

 【15】 【16】 【17】 【18】 【19】 【20】 【21】 【22】 【23】 【24】 【25】 【26】 【27】