日本のメダル数

記事詳細

メールで続々届く市民の声 新聞社、不満受け行政批判

「また来たわ」。五輪の聖火がギリシャから北京に到着した3月31日。北京にある中国の有力紙、中国青年報の本社3階では、法治社会新聞部の女性デスク鄭琳(てい・りん)(33)が、中国全土の市民から届いた40通ほどの手紙に目を通していた。

手紙を読む中国紙デスク

中国全土の市民から大量の手紙やメールが寄せられる北京市の中国青年報本社。法治社会新聞部デスクの鄭琳は手紙を熱心に読んでいた=3月31日(共同)

電子メールも1日に300―400通。「これもわたしたちの日課」。デスクたちが手分けして読む。「会社が退職金を支払ってくれない」「不動産売買でだまされた」…。市民は不満をつづり、わらにもすがる思いで記者の取材を求める。

「市民の声はどれも切実だけど、全部は取材できない。社会的反響が大きいものを選んで取材する」と鄭。同紙は中国共産党のエリート養成機関、共産主義青年団(共青団)の機関紙。計約200人の記者とデスクの半数は共青団や共産党に所属する。「当局を批判できるのか」と問うと、鄭は「できないと思っているのは誤解よ」と笑った。

昨年末、同紙に江西省豊城市の市民から電子メールが届いた。送信者は、市当局の開発計画のため立ち退きの対象となった地区の代表だった。「市がわずかな補償金で立ち退かせようとしている」。メールには悲痛な訴えがつづられていた。

デスクは江西省の記者に取材を指示。地区住民に親類がいる市職員は「立ち退きを説得できなければそれなりの措置を取る」と市幹部から脅され、実際に停職処分となった職員もいた。電気や水道を止められ、退去に追い込まれた住民も。「なんとかしてほしい」。市民は涙ながらに訴えた。

記者は市の立ち退き担当部署へ出向いたが、職員は「計画は江西省の許可を得た」と繰り返すだけ。取材中、公安を名乗る人物が現れ、「取材は(共産党)中央宣伝部を通せ」と圧力をかけた。

同紙は1月10日の社会面トップでこの問題を報道。当局者の取材対応も盛り込んだ記事は反響を呼び、市はついに立ち退きをストップさせた。鄭は「これからも弱者の視点で仕事をしたい」。

改革・開放政策が始まった30年前、中国全土には約270紙の新聞があったが、現在は約2000紙に。中国青年報の編集長、陳小川(ちん・しょうせん)(56)は「新聞は以前より読者の立場で報道するようになった」と指摘。「(当局の)批判記事も最近は珍しくない。市民の訴えが道理にかない、記事が正確なら、誰も止められない」と自信をのぞかせる。

「五輪は政府が報道を開放するきっかけになった」と陳。中国政府は五輪を前に外国人記者の取材規制を緩和したが、五輪後は規制が強まると懸念されている。

「一度開けた扉は閉めることはできない」。五輪の聖火ランナーも務める陳は口を真一文字に結び、うなずいた。(敬称略)(共同)

   ×   ×

チベット問題でも見せつけた中国当局の厳しい情報統制の下、中国メディアは当局寄りで紋切り型の報道ばかりと思われがちだが、欧米メディアの影響や市場経済化の波にもまれ、変わろうとしている。これまで取材がなかなか認められなかった中国の新聞社やテレビ局などを訪ね、悩みながら奮闘する記者らの現場を取材した。

   ×   ×

中国青年報 マルクス主義や毛沢東思想を青少年に教育することを目的に1951年に創刊。文化大革命中の66年に停刊となったが、78年に復刊した。発行部数は中国全土で40数万部。

(06/05)

ニュース一覧

・室伏、銅メダルに繰り上げ 北京五輪男子ハンマー投げ (12/12)

 【ローザンヌ(スイス)11日共同】国際オリンピック委員会(IOC)は11日、スイスのローザンヌで開いた理事会で、北京五輪の陸上男子ハンマー投げで2、3位となったベラルーシ2選手をドーピング違反での失・・・続き

・室伏静観「正式連絡なし」 歓迎、不快、困惑の陸連 (09/04)

 北京五輪陸上男子ハンマー投げで上位2選手のドーピング違反が発覚し、5位だった室伏広治(ミズノ)が銅メダルに繰り上がることが濃厚になった。3日の深夜に一報を知ったという室伏だが「まだ正式な連絡はありま・・・続き

・JOCは早急に確認の方針 ハンマー投げ薬物違反で (09/04)

 北京五輪陸上男子ハンマー投げのドーピング違反で室伏広治(ミズノ)が繰り上げで銅メダルを獲得する可能性が高くなったことについて、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は4日、「早急に事実確認を・・・続き

・室伏に繰り上げ銅へ 五輪ハンマーで禁止薬物 (09/04)

 【ロンドン3日共同】北京五輪の陸上男子ハンマー投げで2、3位になったベラルーシの2選手が競技後のドーピング検査で禁止薬物に陽性反応を示していたことが3日、明らかになった。関係者によると予備検体の検査・・・続き

・首相、北島選手らに感謝状 「立派な成績挙げた」 (08/26)

福田康夫首相は26日夜、北京五輪の競泳男子平泳ぎで連続2冠を達成した北島康介選手ら、メダリストを含む選手約115人を官邸に招き、感謝状と銀製の写真立ての記念品を贈呈した。 首相はあいさつで「立派な成・・・続き

・阪神新井は腰椎の疲労骨折 今季中の復帰は微妙か (08/26)

阪神は26日、北京五輪野球の日本代表で4番を務めた新井貴浩内野手が、帰国後に大阪市内の病院で検査を受け「第5腰椎の疲労骨折」と診断されたと発表した。全治期間は明らかになっていないが、状況次第では今季・・・続き

・北島ら出席し日本選手団解団式 メダリストに報奨金 (08/26)

北京五輪で9個の金メダルを含む25個のメダルを獲得した日本選手団の解団式が26日午前、東京都内のホテルで行われ、競泳男子平泳ぎで連続2冠の偉業を達成した北島康介(日本コカ・コーラ)、レスリング女子で2・・・続き

・ワンジルがケニアへ帰国 日本での優勝会見は中止 (08/26)

【北京26日共同】北京五輪男子マラソンで金メダルに輝いたサムエル・ワンジル(ケニア)が26日、北京からケニア選手団のチャーター機で帰国することが明らかになった。ケニア大統領主催の祝賀会に招待されたた・・・続き

・金メダル選手に560万円 中国 (08/25)

【北京25日共同】中国政府系のウェブサイト「中国網」によると、中国国家体育総局の幹部は24日、一部地方紙の取材に対し、北京五輪で金メダルを獲得した中国の選手に1人35万元(約560万円)を支給するこ・・・続き

・北島選手の国民栄誉賞、慎重判断 政府、世論見極め (08/25)

政府は北京五輪の男子平泳ぎで史上初の2大会連続2冠を達成した北島康介選手への国民栄誉賞授与を検討している。ただ、ほかに活躍した選手とのバランスを考慮すべきだとの意見や、現役選手を続ける場合は時期尚早・・・続き


ニュース一覧 【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】 【11】 【12】 【13】 【14】

 【15】 【16】 【17】 【18】 【19】 【20】 【21】 【22】 【23】 【24】 【25】 【26】 【27】