日本のメダル数

重量挙げ

>> 代表選手

重量挙げ

 

 バーベルを一気に頭上まで持ちあげるスナッチと、一度肩の位置まで引き上げてから頭上に差し上げるジャークの2種目があり、その合計重量で勝負を決める。男子は第1回大会から実施されたが、当時は体操の種目に含まれていた。1920年アントワープ大会から独立した競技になった。女子は2000年シドニー大会で正式採用された。

 体重別に男子が8階級、女子が7階級に分かれている。世界記録は各種目単独での記録と、合計の三つで公認される。

・ラゾロノフが薬物違反 重量挙げ105キロ級6位 (08/23)

【北京23日共同】国際オリンピック委員会(IOC)は23日、北京五輪の重量挙げ男子105キロ級で6位だったイーゴリ・ラゾロノフ(ウクライナ)がドーピング違反があったとして、同選手を失格とし、記録も抹・・・続き

・シュタイナーが金メダル 重量挙げ (08/19)

最終種目の男子105キロ超級は、マティアス・シュタイナー(ドイツ)がスナッチ203キロ、ジャーク258キロのトータル461キロで金メダルを獲得した。日本選手は出場していない。(共同)・・・続き

・アラムナウが優勝 重量挙げ (08/18)

男子105キロ級は昨年の世界選手権王者、アンドレイ・アラムナウ(ベラルーシ)がスナッチ200キロ、ジャーク236キロ、トータル436キロといずれも世界新記録をマークして金メダルを獲得した。日本選手は出・・・続き

・イリンが優勝 重量挙げ (08/17)

男子94キロ級でイリア・イリン(カザフスタン)がスナッチ180キロ、ジャーク226キロのトータル406キロを挙げて金メダルを獲得した。日本選手は出場していない。(共同)・・・続き

・張美蘭が世界新 重量挙げ (08/16)

女子75キロ超級で張美蘭(韓国)がスナッチ140キロ、ジャーク186キロ、トータル326キロといずれも世界新記録をマークし、圧勝した。日本選手は出場していない。(共同)・・・続き

・陸永が金メダル 重量挙げ (08/15)

男子85キロ級はリバコ(ベラルーシ)がトータル394キロの世界新記録をマークしたが、より体重の軽い陸永(中国)がこれに並び、金メダルを獲得した。 女子75キロ級は曹磊(中国)がスナッチ128キロ、ジ・・・続き

・劉春紅が3つの世界新 重量挙げ (08/13)

女子69キロ級は劉春紅(中国)がスナッチ128キロ、ジャーク158キロ、トータル286キロといずれも世界新記録をマークする圧倒的な強さで2連覇。初出場の斎藤里香(石川・金沢学院東高教)はスナッチ87・・・続き

・新谷は10位 重量挙げ (08/12)

男子69キロ級で初出場の新谷義人(金沢学院大職)はスナッチ135キロ、ジャーク175キロのトータル310キロで10位だった。廖輝(中国)がトータル348キロで金メダル。 女子63キロ級はパク・ヒョン・・・続き

・新谷、A組残し2位 重量挙げ (08/12)

男子69キロ級は3組に分かれて行われ、初出場の新谷義人(金沢学院大職)はスナッチ135キロ、ジャーク175キロのトータル310キロでB、C組を終えた時点で2位。最終順位は上位選手が出場するA組を合わ・・・続き

・陳艶青が女子初の連覇 重量挙げ (08/11)

女子58キロ級は陳艶青(中国)がジャーク138キロ、トータル244キロのともに五輪新で、2000年シドニー大会から五輪に導入された女子で初の2連覇。 男子62キロ級は張湘祥(中国)がトータル319キ・・・続き

・山田が9位、堰川11位 重量挙げ (08/10)

男子56キロ級で、2大会連続出場の山田政晴(群馬綜合ガードシステム)はジャークで自らの日本記録を1キロ更新する153キロをマークし、トータル259キロで9位だった。初出場の堰川康信(自衛隊)はトータ・・・続き

・柔道の谷、2回戦突破 重量挙げの三宅は6位 (08/09)

【北京9日共同】北京五輪第2日は9日、競技が本格的にスタートした。シドニー、アテネに続く五輪3連覇が懸かる柔道女子48キロ級の谷亮子(トヨタ自動車)は1、2回戦を突破した。男子60キロ級の平岡拓晃(了・・・続き

・三宅は6位、大城8位 重量挙げ (08/09)

女子48キロ級を行い、アテネ五輪9位の三宅宏実(アセット・マネジャーズ)はスナッチ80キロ、ジャーク105キロのトータル185キロで6位にとどまり、1968年メキシコ五輪銅メダリストの父、義行氏との・・・続き

+