日本のメダル数

トライアスロン

>> 代表選手

トライアスロン

 

 ラテン語で3を意味する「トライ」と競技という意味の「アスロン」の合成語で、水泳、自転車、ランニングを連続して行う。1970年代半ばに米国で始まった比較的新しい競技で「鉄人レース」とも呼ばれている。

 五輪では、世界選手権などでも実施されているスイム1・5キロ、バイク40キロ、ラン10キロが採用されている。3種目の総合力、過酷なレースを戦い抜く耐久力が求められる。2000年のシドニー大会から五輪の正式競技になった。

・山本30位、田山は48位 トライアスロン (08/19)

男子を行い、日本勢は山本良介(トヨタ車体)が30位、アテネ五輪13位の田山寛豪(チームブレーブ)は48位に終わった。フロデノ(ドイツ)が優勝した。 山本は1・5キロのスイムで40位と出遅れたのが響い・・・続き

・井出、日本勢初入賞の5位 トライアスロン (08/18)

女子を行い、五輪初出場の井出樹里(トーシンパートナーズ・チームケンズ)が2時間0分23秒77で、男女を通じてこの競技で日本勢初入賞の5位となった。 井出は得意のスイム(1・5キロ)で4位につけ、バイ・・・続き

・田山、庭田、井出が決定 トライアスロン五輪代表 (06/14)

日本トライアスロン連合は14日に開いた強化委員会と理事会で、北京五輪代表に男子の田山寛豪(チームブレーブ)、女子の庭田清美(アシックス・ザバス)井出樹里(トーシンパートナーズ・チームケンズ)を決めた・・・続き

・上田が五輪出場権獲得 トライアスロン女子 (05/03)

トライアスロンのアジア選手権最終日は3日、中国の広州で女子が行われ、24歳の上田藍(シャクリー・グリーンタワー・稲毛インター)が2時間3分18秒で優勝し、北京五輪出場権を獲得した。上田はスイムとバイ・・・続き

・山本が五輪出場権獲得 トライアスロン男子 (05/02)

トライアスロンのアジア選手権第1日は2日、中国の広州で男子が行われ、山本良介(28)=トヨタ車体=が1時間50分6秒で優勝し、北京五輪出場権を獲得した。 スイム、バイクと常に先頭集団につけた山本はラ・・・続き

ピックアップ

五輪科学ノート

「赤い色が競技での能力を高める」。2005年5月、世界的な科学誌ネイチャーに、こんな表題の論文が掲載された。

世界のスーパースター

4年に1度のスポーツの祭典が間近になった。たった1つの頂点を目指し、世界の超一流選手が北京に集う。

・スピードの衝撃

英スピード社の「高速水着」レーザー・レーサー(LR)。五輪直前のスピードの衝撃は、水泳界に大混乱をもたらした。

・北京では金を

まさかの敗戦を喫した優勝候補、予選落ちした強豪。その無念と教訓を胸に、北京五輪では金メダルをと意気込む選手を紹介する。

・世界が見る中国

中国の人権、環境、感染症などの問題をめぐる中国内外でのせめぎ合いや変わる中国観をインド・ダラムサラ、米国からのリポートを交えて報告する。

・新しい消費者の誕生

多様化する消費者の姿と、顧客を囲い込もうと必死に努力する中国、日本企業の取り組みを描写する。

・摘発の舞台裏~ドーピング

アテネ五輪では、ハンマー投げの室伏広治の繰り上げ金メダルでドーピング問題が注目を集めた。「ドーピングとの闘い」の最前線を探った。

・ゴーイング・マイ競技

北京五輪で実施される28競技302種目には、日本ではマイナーなものもある。そんなスポーツに魅せられ、北京五輪に挑む選手たちを紹介する。

+