日本のメダル数

新体操

>> 代表選手

新体操

 

 音楽に合わせて13メートル四方のフロアで演技する。手具はロープ、フープ、ボール、クラブ、リボンの5種類があるが、個人総合はその内の4種類が選択され、合計得点で競う。団体は5人で、北京五輪では5人によるクラブ、2人のフープと3人のリボン(フープ+リボン)の2種目を行い、得点を合計する。

 1984年のロサンゼルス五輪から個人総合が、96年のアトランタ大会から団体が採用された。団体は2000年シドニー五輪で5位入賞を果たした。

・バスケットは米が王座奪回 北京五輪最終日 (08/24)

【北京24日共同】北京五輪最終日の24日、バスケットボールの男子決勝はNBAのスター選手をそろえた米国が118-107でスペインを下し、2大会ぶりの金メダルを獲得した。 バレーボール男子は米国が3-・・・続き

・団体はロシアが3連覇 新体操 (08/24)

団体の決勝を行い、世界選手権5連覇中のロシアが35・550点でシドニー大会からの3連覇を果たした。中国が35・225点の2位で初のメダルを獲得。予選1位のベラルーシは34・900点の3位で2大会ぶり・・・続き

・マラソンに尾方、佐藤 最終日見どころ (08/24)

陸上男子マラソンは尾方剛、佐藤敦之(ともに中国電力)が1992年バルセロナ五輪の森下広一以来のメダル獲得に挑む。優勝争いはレル、ワンジルらのケニア勢、シャミ(カタール)ロスリン(スイス)らが軸になり・・・続き

・ロシア勢が3連覇 新体操 (08/23)

個人総合決勝はことしの欧州選手権を制した18歳のカナエワが75・500点で初優勝した。ロシア勢の優勝はシドニー大会のバルスコワ、アテネ大会のカバエワに続き、3大会連続。 71・925点のジュコワ(ベ・・・続き

・山崎強化本部長が辞意 新体操の団体で予選敗退 (08/23)

【北京22日共同】北京五輪の新体操日本代表のチームリーダーを務める山崎浩子・強化本部長(48)は22日、団体予選で敗退後「わたしがこのままやるのでは、いけないのではないか」と辞意を表明した。協会に進退・・・続き

・日本、10位で予選落ち 新体操 (08/22)

団体は予選2種目目のフープ・クラブを行い、日本は15・425点で、前日のロープとの合計30・850点の10位に終わり、上位8チームによる決勝進出を逃した。34・950点のベラルーシがトップで決勝に進・・・続き

・団体の日本は9位発進 新体操 (08/21)

団体予選1種目目のロープで、2大会ぶり出場の日本は手具操作などに小さなミスが目立ち、15・425点の9位。決勝に進出できる8位以内に向け、苦しいスタートとなった。ベラルーシが17・525点で首位。 ・・・続き

・買い物客らに演技披露 新体操団体の日本代表 (08/04)

新体操団体の北京五輪日本代表が4日、千葉県八千代市内のショッピングセンターで壮行演技会を行い、ロープとフープ・クラブの演技を買い物客らに披露した。 手具を落とす場面もあったが、主将の三沢樹知(東女体大・・・続き

・体操の五輪代表壮行会 冨田主将「応援を力に変えたい」 (07/28)

北京五輪に出場する体操、新体操、トランポリン代表の壮行会が28日、東京都内のホテルで開かれ、団体総合で2連覇が懸かる体操男子主将の冨田洋之(セントラルスポーツ)は「応援を力に変え、精いっぱい演技した・・・続き

・6人全員が平成生まれ 新体操団体の北京五輪代表 (06/06)

日本体操協会は6日、新体操団体の北京五輪代表に三沢樹知、原千華(ともに東女体大)坪井保菜美(早大)稲垣早織(イオン)田中琴乃(東京・日女体大二階堂高)遠藤由華(STELLA)の6人を選出したと発表し・・・続き

ピックアップ

・スピードの衝撃

英スピード社の「高速水着」レーザー・レーサー(LR)。五輪直前のスピードの衝撃は、水泳界に大混乱をもたらした。

・北京では金を

まさかの敗戦を喫した優勝候補、予選落ちした強豪。その無念と教訓を胸に、北京五輪では金メダルをと意気込む選手を紹介する。

・五輪の風~国家とスポーツ

地元開催の北京五輪で「金メダル世界一」を狙う中国。中国スポーツの強さの秘密とその裏側を探った。

・五輪の風~日中最前線

世界のトップアスリートが集う五輪を直前に控えて変わりゆく中国。北京五輪開催の意義を、多様な観点から聞いた。

・摘発の舞台裏~ドーピング

アテネ五輪では、ハンマー投げの室伏広治の繰り上げ金メダルでドーピング問題が注目を集めた。「ドーピングとの闘い」の最前線を探った。

・ゴーイング・マイ競技

北京五輪で実施される28競技302種目には、日本ではマイナーなものもある。そんなスポーツに魅せられ、北京五輪に挑む選手たちを紹介する。

・開幕100日前特集

北京五輪開幕まで4月30日で100日前ー。各国・地域で大舞台に臨む選手の選考やチーム編成が進む。

・挑戦

北京五輪でメダルを獲得を目指す選手、チームを取り上げ、その取り組みなどにスポットを当てた。

・五輪の風~メディアの現場

これまで取材がなかなか認められなかった中国の新聞社やテレビ局などを訪ね、奮闘する記者らの現場を取材した。

・目指せ!五輪3連覇 女子マラソン

marason.jpg

マラソン代表が出そろい、女子は日本五輪3連覇が懸かる。厳しい気象条件やライバルの課題をどう乗り越えるのか。

+