日本のメダル数

カヌー

>> 代表選手

カヌー

 

 1936年ベルリン大会で五輪に正式採用された。先端に水かきの付いたパドルで水面をこいで進む。座ったままこぐ「カヤック」と片ひざをついてこぐ「カナディアン」の二つのスタイルがある。

 直線コースで行う「フラットウオーター」と、急流に設置されたゲートと呼ばれる関門をくぐり抜けながらタイムを競う「スラローム」が行われ、北京五輪では計16種目が実施される。選手は天候などによって変化するコース条件を、的確にとらえる判断力が必要とされる。

・北本、竹屋組が5位入賞 カヌー (08/23)

フラットウオーター男女6種目の決勝を行い、女子カヤックペア500メートルで北本忍(富山県体協)竹屋美紀子(山形・谷地高教)組が1分43秒291で5位入賞を果たし、この種目で日本勢最高位となった。コバ・・・続き

・女子Kフォアで日本6位 カヌー (08/22)

フラットウオーター男女6種目の決勝を行い、女子カヤックフォア500メートルで、前回アテネ大会に続いて決勝に進んだ日本(北本忍、久野綾香、竹屋美紀子、鈴木祐美子)が1分36秒465で6位となり、この種・・・続き

・北本、竹屋組が決勝進出 カヌー (08/21)

フラットウオーター男女6種目の準決勝を行い、女子カヤックペア500メートルで北本忍(富山県体協)竹屋美紀子(山形・谷地高教)組が1分43秒541で1位となり、決勝に進んだ。23日の決勝は9艇で争う。・・・続き

・女子Kフォアで決勝進出 カヌー (08/20)

フラットウオーター男女6種目の準決勝を行い、女子カヤックフォア500メートルで日本(北本忍、久野綾香、竹屋美紀子、鈴木祐美子)は1分37秒449で4チーム中2位となり、2大会連続の決勝進出を果たした・・・続き

・日本勢は準決勝へ カヌー (08/19)

フラットウオーター男女6種目の予選を行い、女子カヤックシングル500メートルの北本忍(富山県体協)は、1分52秒148の1組4位で準決勝に回った。同ペア500メートルの北本、竹屋美紀子(山形・谷地高教・・・続き

・日本、決勝進出決められず カヌー (08/18)

フラットウオーター男女6種目の予選を行い、女子カヤックフォア500メートルで日本(北本忍、久野綾香、竹屋美紀子、鈴木祐美子)は1組最下位の5位で、各組上位3位以内での決勝進出は決められなかった。日本は・・・続き

・竹下が日本勢最高の4位 カヌー (08/15)

スラロームの女子カヤックシングル決勝を行い、竹下百合子(早大)が日本勢過去最高となる4位入賞を果たした。優勝はアテネ大会の覇者カリスカ(スロバキア)。男子カナディアンペアはスロバキアのペアが制し、3・・・続き

・三馬、長尾組は準決勝敗退 カヌー (08/14)

スラローム男子カナディアンペアの準決勝で、三馬正敏、長尾寛征組(徳島県協会)は9位に終わり、上位6組による決勝へは進めなかった。 竹下百合子(早大)が登場する女子カヤックシングルの準決勝などは、雷雨・・・続き

・三馬、長尾組など準決勝へ カヌー (08/13)

スラローム男女の2種目で予選を行い、男子カナディアンペアで三馬正敏、長尾寛征組(徳島県協会)は10位で準決勝に進んだ。女子カヤックシングルの竹下百合子(早大)も15位で準決勝進出を決めた。(共同)・・・続き

・マルティカン3大会ぶりV カヌー (08/12)

スラローム男子の2種目で準決勝と決勝を行い、カナディアンシングルでアトランタ五輪金メダルのマルティカン(スロバキア)が3大会ぶりの優勝を果たした。カヤックシングルはグリム(ドイツ)が初めて制した。(共・・・続き

・日本勢は2人とも予選落ち カヌー (08/11)

スラローム2種目で競技が始まり、男子カナディアンシングル予選で羽根田卓也(羽根田事務所)は14位に終わり、準決勝進出を逃した。男子カヤックシングル予選では矢沢一輝(駿河台大)が18位で予選落ちした。(・・・続き

・世界一が人生の目標 五輪ひと言集 (08/08)

羽根田卓也(カヌー)五輪は設備が他の競技会とは段違いに整っている。独特の緊張感と雰囲気がある。世界一になるのが人生の目標なので、チャンスをかなえたい。 三宅宏実(重量挙げ)目指すのは父(三宅義行)伯・・・続き

・思いをぶつけたい 五輪ひと言集 (08/08)

小椋久美子(バドミントン)4年間、ここを目指してやってきた。その思いをぶつけたい。1試合ずつ勝ち上がって、メダルにつなげたい。 潮田玲子(バドミントン)目指すのはメダル獲得。いよいよ開幕するんだと実・・・続き

+