日本のメダル数

飛び込み

>> 代表選手

飛び込み

 

 高飛び込み(原則的に10メートル)と、弾力性のある板を使用する板飛び込みがある。五輪では個人種目の高飛び込み、3メートル板飛び込みに加えて、2000年シドニー大会からは2人が同時に演技して同調性も採点の対象となるシンクロ種目が導入された。

 回転、ひねりの数などから決められた難度と実施した演技自体の内容を得点化し、合計得点で競う。中国が伝統的に強く、北京大会の男子3メートル板飛び込みに出場する寺内健(JSS)は4度目の五輪挑戦となる。

・ミッチャムが中国8冠阻む 飛び込み (08/23)

男子高飛び込み決勝を行い、ミッチャム(オーストラリア)が537・95点で初優勝した。5回目までトップだった周呂☆(中国)が最後の6回目で失敗。ミッチャムは最終試技で112・10点の高得点をマークして・・・続き

・火亮、デーリーらが決勝へ 飛び込み (08/23)

男子高飛び込み準決勝を行い、シンクロ高飛び込みとの2冠を狙う火亮(中国)が549・95点の1位で午後の決勝に進んだ。ことし3月の欧州選手権を制した14歳のデーリー(英国)は8位で通過した。準決勝の得・・・続き

・中国選手、全8種目制覇に挑戦 飛び込み (08/22)

男子高飛び込み予選を行い、周呂☆(中国)が539・80点のトップで23日の準決勝に進んだ。 シンクロ高飛び込みとの2冠を狙う火亮(中国)は8位、ことし3月の欧州選手権を制した14歳のデーリー(英国)・・・続き

・中川は11位、中国勢7冠 飛び込み (08/21)

女子高飛び込み決勝を行い、初出場の中川真依(金沢学院大)は296・30点で11位に終わった。2、3回目の試技で失敗し、得点を伸ばせなかった。 15歳の陳若琳(中国)が447・70点でシンクロ高飛び込・・・続き

・中川が10位で決勝進出 飛び込み (08/21)

女子高飛び込み準決勝を行い、初出場の中川真依(金沢学院大)は314・60点の10位で午後の決勝に進んだ。4回目の前逆宙返り技で失敗したが、そのほかの4回の試技をまとめた。 シンクロ高飛び込みとの2冠・・・続き

・中川は9位で準決勝進出 飛び込み (08/20)

女子高飛び込み予選を行い、初出場の中川真依(金沢学院大)は331・40点の9位で21日の準決勝に進んだ。 シンクロ高飛び込みを制した中国ペアが1、2位を占め、陳若琳が428・80点でトップ、王☆が4・・・続き

・大技失敗、寺内は11位 飛び込み (08/19)

男子板飛び込み決勝を行い、五輪4大会連続出場の寺内健(JSS)は442・50点の11位に終わり、飛び込みの日本選手で初のメダル獲得はならなかった。寺内は難易率の高い前逆宙返り技に挑戦した4回目の試技・・・続き

・寺内が決勝に進出 飛び込み (08/19)

男子板飛び込み準決勝を行い、飛び込みの日本選手で初めてのメダル獲得に挑む寺内健(JSS)は478・25点の7位で午後の決勝に進んだ。 何衝(中国)が547・25点でトップ通過した。ディスパティエ(カ・・・続き

・寺内は10位発進 飛び込み (08/18)

男子板飛び込み予選を行い、飛び込みで日本選手初の表彰台を目指す寺内健(JSS)は452・80点の10位で19日の準決勝に進んだ。 何衝(中国)が515・50点でトップ通過した。シンクロ板飛び込みとの・・・続き

・郭晶晶が連続2冠 飛び込み (08/17)

女子板飛び込み決勝を行い、郭晶晶(中国)が415・35点で勝ち、シンクロ板飛び込みと合わせて2大会連続2冠を達成した。 2位は1998年の世界選手権(パース)を制したパハリナ(ロシア)。郭とシンクロ・・・続き

・郭晶晶ら決勝へ 飛び込み (08/16)

女子板飛び込み準決勝を行い、地元中国のスター選手、郭晶晶が398・55点の1位となった。17日の決勝でシンクロ板飛び込みとの2大会連続2冠を狙う。 アテネ五輪2位の呉敏霞(中国)同3位のパハリナ(ロ・・・続き

・郭晶晶がトップ通過 飛び込み (08/15)

女子板飛び込み予選を行い、2大会連続2冠を目指す郭晶晶(中国)が373・90点で、2位のパハリナ(ロシア)に15・75点の大差をつけてトップ通過した。 今大会のシンクロ板飛び込みで郭と組んで金メダル・・・続き

・中国勢が4冠目 飛び込み (08/13)

男子シンクロ板飛び込みを行い、昨年の世界選手権を制した王峰と秦凱の中国ペアが469・08点で、2位のロシア組に47・10点の大差をつけて勝った。今大会ここまで男女計4種目はすべて中国が金メダルを獲得し・・・続き

+