1. トップ
  2. 先輩たちの声
  3. 文化部 川村 敦
みずみずしい言葉に触れ、配信できることに喜びを感じています。文化部 川村 敦(カワムラ アツシ)2011年入社

深く埋もれてしまった良書の存在を広く伝えていきたい。

 テレビやラジオ、ネット配信といった「放送」に関わる分野を取材しています。 
 醍醐味は芸能人や知識人に直接会って質問をぶつけられること。取材相手のみずみずしい言葉を持ち帰って編集、配信できることに喜びを感じます。 
 芸能界を社会の「花」に見立てたとき、学問は社会の「土」と言えるかもしれません。悩み多き青春時代を過ごした私は、土をいじっては、救いを求めてきました。そこで気付いたのは、人を救う多くの良書が、深く埋もれてしまっているということです。だから、本を出す側や読む側ではなく、良書の存在を広く伝えられる、共同通信社を志しました。 
 生きている社会空間が異なるそれぞれの人をつなぐのは、共感、ひいては言葉です。 
 たくさん本を読んで下さい。