ロス疑惑 > ニュース一覧 > 記事詳細

ロス疑惑(ニュース特集)

故三浦元社長が女性変死容疑者 ロス市警発表

 【ロサンゼルス14日共同】米ロサンゼルス市警は14日、ロス郊外で1979年、白石千鶴子さん=当時(34)=の変死体が発見された事件を殺人と断定、元交際相手で81年のロス銃撃事件で逮捕され、昨年10月に死亡した三浦和義元会社社長=当時(61)、日本で銃撃事件の無罪確定=が容疑者だったと正式に発表した。

 三浦元社長は生前、銃撃、変死両事件への関与を全面否定していた。

 市警のリック・ジャクソン捜査官らは記者会見で、三浦元社長が事件後に白石さんの銀行口座から多額の現金を引き出していたことなど8項目の状況証拠を根拠として挙げ、金銭目的の犯行だったと指摘。しかし、物的証拠や目撃証言はないと語った。

 白石さんは79年3月にロスに渡航した後、消息を絶ち、同年5月に変死体で見つかった。

(2009年1月15日)


■ヘッドライン

>> ニュース一覧

PHOTO

    到着した三浦元社長

    ロサンゼルス国際空港に到着した三浦和義元社長。左はロス市警のリック・ジャクソン捜査官=10月10日午前(代表撮影・共同)

    取材に応じるゲラゴス氏

    10月12日、ニューヨークで記者団の取材に答える三浦和義元社長の弁護人マーク・ゲラゴス氏(共同)

このページの先頭へ戻る