ロス疑惑 > ニュース一覧 > 記事詳細

ロス疑惑(ニュース特集)

「死因未確定」と三浦元社長遺族    都内の葬儀で

 米ロサンゼルス銃撃事件で逮捕され、ロス移送後の先月10日(現地時間)に死亡した三浦和義元会社社長(61)=日本では無罪確定=の葬儀が3日、都内で営まれ、友人や支援者ら約200人が参列した。

 喪主としてあいさつに立った妻は「ロス市警などからはいまだに報告がなく、死亡証明書の死因欄は『未確定』のまま。無念です」と話した。

 約1時間の葬儀終了後、日本の裁判で主任弁護人を務めた弘中惇一郎弁護士は「存在感が大きい人で、多くのことを教わった。元の生活に戻そうと取り組んでいたときだけに非常に残念だ」と語り、会場を後にした。

(2008年11月 3日)


■ヘッドライン

>> ニュース一覧

PHOTO

    到着した三浦元社長

    ロサンゼルス国際空港に到着した三浦和義元社長。左はロス市警のリック・ジャクソン捜査官=10月10日午前(代表撮影・共同)

    取材に応じるゲラゴス氏

    10月12日、ニューヨークで記者団の取材に答える三浦和義元社長の弁護人マーク・ゲラゴス氏(共同)

このページの先頭へ戻る