ロス疑惑 > ニュース一覧 > 記事詳細

ロス疑惑(ニュース特集)

遺体を解剖、近く死因公表 三浦元社長、「遺書はない」

 【ロサンゼルス12日共同】1981年の米ロサンゼルス銃撃事件で、ロス郡検視局は12日、米自治領サイパンからロスに移送後、ロス市警の留置場独房で自殺した三浦和義元会社社長(61)=日本では無罪確定=の遺体を司法解剖した。最終的に特定した死因を2、3日中に発表するとしている。

 検視局の担当者は「現時点ですべての証拠が自殺であることを示している。遺書はなかった」と述べた。

 三浦元社長の妻らは12日、ロスに到着。空港の到着ゲートには数十人の報道陣が集まったが、妻らは無言のまま出迎えの車に乗り込み、空港を後にした。

 元社長の遺族の1人は同日、ロスで共同通信の取材に応じ「自殺するとはとても考えられない。納得できるまでは(遺体を)日本に連れて帰れない」と話し、市警に徹底した調査を求める方針を明らかにした。

 この遺族によると、サイパンから移送される数時間前、三浦元社長は収容施設からの電話で「ロスで頑張る」と語っていたという。

 検視局などによると、同局の担当者が近日中に元社長の妻らと面会し、遺族側に遺体を引き渡す。妻らがその後、現地で火葬するか日本に搬送するか決めることになるという。

(2008年10月13日)


■ヘッドライン

>> ニュース一覧

PHOTO

    到着した三浦元社長

    ロサンゼルス国際空港に到着した三浦和義元社長。左はロス市警のリック・ジャクソン捜査官=10月10日午前(代表撮影・共同)

    取材に応じるゲラゴス氏

    10月12日、ニューヨークで記者団の取材に答える三浦和義元社長の弁護人マーク・ゲラゴス氏(共同)

このページの先頭へ戻る