ロス疑惑 > ニュース一覧 > 記事詳細

ロス疑惑(ニュース特集)

サイパンの設備で陳述へ 三浦容疑者

【サイパン14日共同】1981年の米ロサンゼルス銃撃事件で逮捕され、サイパンで拘置中の元会社社長三浦和義容疑者(60)=日本では無罪確定=が、ロサンゼルス郡地裁で6月に行われる審理で、サイパンにある連邦地裁のインターネット設備を使うことが14日までに決まった。弁護人のバーライン氏が明らかにした。

また同氏は、サイパンの地裁に申し立てる予定の元社長の保釈請求で、弁護側の主張を認めて元社長の出廷は不要としたロス郡地裁の審理結果を添付することも明らかにした。保釈の重要性を強調する狙いという。

「今週中」としていた保釈請求は、ロス郡地裁の書類の到着を待って申し立てるとしている。

(2008年5月14日)


■ヘッドライン

>> ニュース一覧

PHOTO

    到着した三浦元社長

    ロサンゼルス国際空港に到着した三浦和義元社長。左はロス市警のリック・ジャクソン捜査官=10月10日午前(代表撮影・共同)

    取材に応じるゲラゴス氏

    10月12日、ニューヨークで記者団の取材に答える三浦和義元社長の弁護人マーク・ゲラゴス氏(共同)

このページの先頭へ戻る