1. トップ
  2. 会社案内
  3. 沿革・受賞

沿革・受賞

沿革

1901年明治34年 「日本広告株式会社」および「電報通信社」発足(現在の「電通」で、同社の通信部門は後に同盟通信社に合流)
1906年明治39年 「株式会社日本電報通信社」発足。同時に旧電報通信社の事務を継承した
1914年大正3年 「国際通信社」「東方通信社」発足
1926年大正15年 「国際」と「東方」が合併、「日本新聞聯合社」発足(後に「新聞聯合社」と改称)
1936年昭和11年 新聞聯合社解散の後を受け、「社団法人同盟通信社」発足。準戦時下の通信統合で同盟通信社の広告事業部門を日本電報通信社に引き継ぎ、「電通」の通信事業部門を「同盟」が引き継ぐ
1945年昭和20年11月1日
同盟通信社が自主解散したのを受け、広くニュースを普及し民主主義社会を確立するとの理念の下に全国の新聞、NHKが参加して「社団法人共同通信社」を設立。本社を千代田区日比谷の市政会館に置く
市政会館
1945~1966年
市政会館
1966年昭和41年
港区赤坂葵町(現虎ノ門)に共同通信会館竣工。本社を移転
共同通信会館
1966~2003年
共同通信会館
2003年平成15年
港区東新橋に汐留メディアタワー竣工。本社を移転
汐留メディアタワー
2003年~
汐留メディアタワー
2007年平成19年 中央区佃に研修・交流センター竣工
2010年平成22年 公益法人制度改革に対応して、一般社団法人共同通信社に移行

日本新聞協会賞

編集部門

1968年昭和43年 ポンド切り下げ報道 ワシントン支局 佐々木謙一
1971年昭和46年 「中国、米卓球チームを招待」のスクープ 犬養康彦社会部長ら世界卓球取材班
1978年昭和53年 近代化進める中国に関する報道 北京支局 福原亨一支局長、辺見秀逸
1983年昭和58年 「ブレジネフ書記長死去」のスクープ 北京支局 塚越敏彦
1984年昭和59年 連載ルポルタージュ「日本の幸福」 代表・社会部兼編集委員 斎藤茂男
1988年昭和63年
「昭和天皇お元気に日光浴」のスクープ
写真部 柄沢 晋
御所ベランダで日光浴
1993年平成5年
連載企画「仮面の家」
論説委員兼編集委員 横川和夫
「橿原神宮・神楽殿炎上」のスクープ写真
大阪支社社会部 平野恭子
逃げ惑うみこさん
1997年平成9年
海外通年企画「生の時・死の時」
代表・論説副委員長 中村輝子
ペルーの日本大使公邸人質事件「日本人人質の安否など公邸内写真」のスクープ
写真部 原田浩司
日本人人質の安否など公邸内写真
2000年平成12年
西鉄高速バス乗っ取り事件で「人質の女児救出」をスクープ
写真部 関根孝則
夜明けの救出
2002年平成14年
「カブール陥落 アフガニスタンの首都カブール制圧」をスクープ
写真部 原田浩司
カブール陥落
「瀋陽亡命事件のビデオ映像」
中国総局 平井久志
瀋陽の亡命者連行事件
2010年平成22年
「北朝鮮の金正日総書記、4年ぶり訪中」をスクープ
中国総局 岩崎 稔
北朝鮮の金正日総書記
2013年平成25年 「柔道女子代表の暴力・パワーハラスメント問題のスクープ」取材班代表 運動部 田村崇仁

技術部門

1966年昭和41年 商況カナテレシステム
1969年昭和44年 漢字テレタイプファクス
1975年昭和50年 ニュース集配信における電算システムの総合的開発
1976年昭和51年 コンピューターによる言語処理システムの研究開発(RKC)
1979年昭和54年 写真電送集配信のコンピューター処理
1982年昭和57年 ニュース集配信および処理における電算システムの開発
1984年昭和59年 フィルムダイレクト電送送信機の開発
1988年昭和63年 高速デジタル写真電送システムの開発

ボーン・上田記念国際記者賞

1994年度 『日米関係の調査報道』ワシントン支局:春名 幹男
2001年度 『米中枢同時テロ直後のアフガニスタンの現地情勢報道』モスクワ支局:及川 仁
2002年度 『朝鮮半島報道』ソウル支局長:平井 久志
2005年度 『パキスタン・ムシャラフ大統領単独会見』イスラマバード支局長:砂田 浩孝
2006年度 『米国立公文書館等の資料を基に戦中、戦後の隠れた史実を発掘』外信部:太田 昌克
2016年度 『中国の軍事・安全保障の新しい動きをいち早く報道』外信部:塩澤 英一

日本記者クラブ賞

1983年度 『事件記者あるいは連載企画のキャップとして粘り強く社会的テーマを追い続け、"生涯一記者"に徹して活動する姿勢に対して』社会部兼編集委員:斎藤 茂男
2004年度 『長年、日米関係の調査報道に取り組む。膨大なアーカイブから資料を発掘し、関係者への取材の積み重ねで真相に迫った仕事に対して』論説副委員長:春名 幹男
2013年度 「文芸記者として村上春樹や白川静ら作家や学者への直接取材により、読者への橋渡しに努めた活動に対して」共同通信社編集委員兼論説委員:小山鉄郎

ページ先頭へ戻る