1. トップ
  2. 「報道と読者」委員会
  3. 会議日誌

「報道と読者」委員会

最新の会議日誌

第51回会議(新聞への期待と要望、原発報道の在り方)

 「新聞への期待と要望」と「原発報道の在り方」をテーマに議論。京都大大学院教育学研究科准教授の佐藤卓己氏は、正しい情報を伝える「情報の鑑定士」の役割を新聞に期待。弁護士の神田安積氏は「タブーをなくしてほしい」と問題提起。介護・暮らしジャーナリストの太田差恵子氏は新聞の読者投稿欄を「素朴な市民の声が出ている」と評価した。3氏は7月に第6期委員を委嘱され、今回が初会議。

続きを読む

ページ先頭へ戻る